• 0669644885

    • 9:00〜12:30 14:30〜19:30
      (土曜午後は14:30〜16:30)
    • 日曜・祝日
  • 初診の方専用 オンライン予約

入れ歯(義歯)

しっかりと噛む力を
取り戻すために

入れ歯すなわち義歯とは、歯を失った部位に人工の歯を入れ、噛む機能を回復させる方法です。容易に取り外しができ、多くの方が治療法として選択しています。
一部の欠損を補う「部分入れ歯」と全部の歯を補う「総入れ歯」があります。
また、入れ歯には保険が適用されるタイプと適用できないタイプがあります。

入れ歯にはたくさんの
種類があります

入れ歯は歯を一本失った時にも、すべての歯を失った時にも対応できるメリットを持っています。その一方で、硬いものが噛みにくく、装着時の違和感があることなどの難点はあります。
入れ歯は保険診療の範囲で少ない費用負担で作製することができます。この場合は噛んだり会話をしたりする機能を補うことが優先されているので、見た目の美しさや違和感のなさは高いとは言えません。
当院では保険診療の範囲でもできるだけ違和感が少ない入れ歯を作製していますが、さらに機能性が高い入れ歯をお求めの方には、自費診療の入れ歯も多数用意しています。

保険適用の入れ歯

部分入れ歯

止め具に金属が使われ、歯ぐきにあたる床の部分にはプラスチックが使われています。
プラスチックなので厚みがあり、止め具が金属のため、見た目があまり良くないのが懸念点です。

総入れ歯

部分入れ歯と同じように全体がプラスチックでできた入れ歯です。こちらもプラスチックなので厚みがあり、違和感や異物感が大きくなります。
また、プラスチック素材のため長く使うと壊れたり、割れたりすることもあります。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

歯ぐきの部分の床に金属(コバルトクロム・チタン)を用いた入れ歯です。
プラスチックよりも薄いため違和感が少なく、金属による熱伝導性が良い入れ歯です。自費診療では最もポピュラーなものです。

入れ歯はメンテナンスが大事

入れ歯は毎日清掃しないと嫌な臭いがすることがありますし、耐久性も低下します。清掃する際は一般的な歯ブラシや歯磨き剤を使用すると、入れ歯に傷がついてかえって菌が繁殖しやすい状況を作るので、必ず入れ歯専用のものを使ってください。
清掃の方法は入れ歯をお渡しする際にていねいに説明します。入れ歯は毎日お手入れをして、長くキレイに使いましょう。

入れ歯(義歯)の料金

金属床(片顎) ¥385,000(税込)
チタン床(片顎) ¥440,000(税込)

入れ歯(義歯)の注意点

  • 完成するまで、複数回に渡り、来院する必要があります。
  • 長期間の使用や口腔環境により変色、摩耗することがあります。
  • 使用頻度、噛み合わせによって破損する場合があります。
  • 残っている歯にむし歯がある場合は、事前の治療を必要とします。
  • 保険診療の場合、使用できる素材が限られるため、自費診療で作れる入れ歯より使用感に差が出ます。
  • 金属床義歯は自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。
  • 金属アレルギーをお持ちの患者さんは金属床義歯を使用できない可能性があります。
  • 金属床義歯は素材に重みがあるため、金属床を装着した際に違和感を覚える場合があります。
診療時間/9:00~12:30 14:30~19:30 休診日/日曜・祝日

ページトップへ戻る